ベジフルダイアリー

野菜果物とのコミュニケーションを楽しむ美味しい日々をつれづれなるままに。
暮らしに役立つベジフル情報も発信します。

2017/ 3/14 (火)

今まさに旬!栄養価トップクラスを誇る野菜

春を告げる存在として親しまれている野菜・ナバナ(菜の花)が旬を迎えています。 花を咲かせようとしている蕾と若い茎葉のパワーをまるごといただけるので、 栄養分がぎっしり!とてつもないパワーを秘めた野菜なのです。 ナバナは1 […]

2017/ 3/13 (月)

美しすぎる野菜「早稲田ミョウガタケ」

数ある江戸東京野菜の中でも心惹かれてやまない存在が 「早稲田ミョウガ」を軟化栽培した「早稲田ミョウガタケ」です。   出荷の際、葉っぱの部分を切られてしまうことが通常なので、 こんなに美しい食べ物だということは […]

2017/ 3/10 (金)

奈良の古くて新しい「柿の葉」活用

最近、農産物を活かした取り組みを取材をしていて 心をわしづかみにされる「こと」の共通項に気づきました。   それは 「その土地に古くからある食文化や資源を活かした新たな挑戦」です。 その地域や現場でなければわか […]

2017/ 2/17 (金)

「東京うど」の幻想的な世界&農家直伝の食べ方

お店には山菜なども並び始め、春の訪れを感じますね。 この時期、無性に食べたくなる春の味覚といえば、 さわやかな薫りと独特の食感がたまらない「うど」! 中でも、すらっと長く、白さ際立つ「東京うど」は東京が誇る特産野菜です。 […]

2017/ 1/19 (木)

「人生フルーツ」から教わったこと

ふと迷いが生じる時って誰にでもあると思うのです。 そんな時、自分の軸を再確認できる場が私にとってはデュアルライフを送っている信州。 帰らなくても触れることで、 自分の原点を思い出すカギになるような「こと」や「もの」がいく […]

2017/ 1/18 (水)

パリの三ッ星シェフに愛される野菜生産者・山下朝史氏の「農道」【野菜ジャーナリストの本棚】

年に一度だけ、短い旬を迎えるフルーツのように 期間限定でフランスから帰国される山下朝史さん。 パリの三ッ星シェフらに支持され続けている野菜の作り手です。   今年も、帰国後すぐに開かれる「山下さんを囲む会」にお […]

2017/ 1/17 (火)

【執筆記事】『イチゴの神様』が作った最新イチゴ『ロイヤルクイーン』

長年、記事を書かせていただいている農経新聞 2017年1月16日号に取材執筆記事が掲載されています。 (記事をクリックすると拡大して読めます↓) 才色兼備なイチゴ品種「ロイヤルクイーン」 ロイヤルクイーンは甘みと酸味のバ […]

2017/ 1/16 (月)

祝「きんかんヌーボー」!生で皮ごと食べる完熟きんかん「たまたま」の旬がきた!

今年も待ちに待った、この日がやってきました。 2017年1月16日 一口サイズのかわいい柑橘 宮崎完熟きんかん「たまたま」の解禁日! そう、本日は「ボジョレーヌーボー」ならぬ「きんかんヌーボー」です! そもそも「きんかん […]

2017/ 1/11 (水)

「雪下野菜」ってどんな野菜?

年明けになると、ちらほらと見かける「雪下」や「雪中」を冠した名前の野菜たち。 見たことはあるけれど何が違うのかわからない、なぜ人気なの?と 疑問をもたれる方が多いようです。 ということで、雪の多い地域ならではの知恵が詰ま […]

2017/ 1/10 (火)

ねぎ産地のお母さんが作る「深谷ねぎ」料理

先日、深谷を訪れた時のこと。 深谷中央青果市場の渡邊社長が、知る人ぞ知る店にお連れくださり、 深谷ねぎ尽くしのお料理でおもてなしくださいました。   ★まずは、定番だという「ねぎぬた」 私がイメージしていたもの […]

...34567...10...